ホーム > 習い事一覧 > プログラミングスクール

プログラミングスクール

専門機関よりカリキュラムやテキストの提供やアドバイスを受けます。
外部の研修を受けた、FAMよこはまアフタースクール所属の高度な知識やスキルを持った専門講師2名がレッスンを担当します。

プログラミング技術の定着を目指すとともに、映像の編集、PC操作、身近なIT技術についての基礎的な知識を学びます。
レッスンの受講を通して『集中力』と『継続力』を習慣づけます。

プログラミング 月額 内部価格 7,000円(税抜) + 教材費8,000円/年

月額 一般価格 8,000円(税抜) + 教材費10,000円/年

キッズプログラミング&エンジニアリング「STEMON」

*プログラミング講座
*ロボット講座
*映像クリエイター講座
 すべてレッスンに組み込みます
開講日:水曜日 (年間40回)
時 間:16:00-16:50/17:00-17:50
他の習い事等の関係で、前半希望の場合は対応可能ですが、レベル差がある点をご了承ください。

導入実績が豊富な優れたカリキュラム

FAMプログラミングスクールが目指すこと

【プログラミング技術の向上】

1. 課題を解決するためのプログラムを組むことができる(正解を導き出す力・プログラミングスキルの向上)
2. 設計図や実物を見てブロック教材を用いて立体を組み立てることができる(空間把握、図形、再現する力を育む)

【キャリア教育としての側面】

3. 創意工夫をしたプログラムを組むことができる((思考力・発想力のひろがり及び新たな着眼点・オリジナリティの追求)
4. 身近なシステム(インターネット、自動改札等)や機器(スマートフォン、テレビ等)に興味を持ち、どのようなプログラムで動いているか自ら考え、仕組みを学ぶ。

カリキュラム開発責任者 石原正雄

米国ボストン大学卒
米国タフツ大学 アドバイザリー
※CEEO(Center for Engineering Education and Outreach)レゴスクール®やロボット教室の立ち上げなど実績豊富なSTEM教育界の第一人者。
MITメディアラボが提供している子供向けプログラミングソフト「Scratch(スクラッチ)」
の開発にも携わり、日本国内における普及に貢献。
米国タフツ大学に設置されたものづくり教育研究機関 CEEO(Center for Engineering Education and Outreach)アドバイザリーを務める。

イベント
You tuber 体験(映像クリエイター講座)の実施
2018年12月にFAMよこはまアフタースクールのイベントとして実施しました。



ページの先頭へ戻る